Fishing & 日記

113



スプリングネット尺・スキニー + パープルグラデーションラバーネット + 高反発ステンレスフレームのセットでオーダーいただきました。
ブラックのフレームカバーがつくとグッと引き締まって見えますね。

プロップスプーンやバンブルBメタルを一緒にオーダーいただきました。
誠にありがとうございます!
2019年はWESSEXトラウトロッドのスピニングロッド WSE-S/4 を発売し、ベイトロッドの WSE-C/5 も生産5回目となりましたが、いずれも年内で完売となりました。
お買い上げくださいましたお客様には最大の感謝とともにこれからも末永くお付き合いくださいますようお願いいたします。

話は変わりまして、いつだったかベイトロッドのWSE-C/5を愛用してくれているR君から、「スパイラルガイド仕様が欲しい」と言われたことがありまして、正直あまり驚きも無く「お!来たな...」という感覚だったのも、WSE-C/5の初期テストモデルを作る時にウチの匿名テスターさんHDとの話でスパイラルガイドをテストするか否かの話になった時に、川だと右岸に立つか左岸に立つか、はたまた上流にキャストするか下流にキャストするかでガイドをスパイラルさせるべき方向が違ってくるのではないか?という共通意見のもと、最初のモデルは通常配列のガイド設定で行こうよという事になった。実際にマルチピースのロッドの場合は各ブランクスパーツを少しずつジョイント部分をひねることでスパイラルっぽい使い方も出来るし、ちょっと引きの強い魚とファイトした後は勝手にブランクスが回転してスパイラル仕様みたいになっているのである...

なので、R君に対しても、「WSE-C/5はマルチピースだから、各ブランクを少しずつひねるとスパイラルっぽい使い方出来るよ~!」といったら、R君も「あ~、なるほど...」といって納得したと言っていたのですが、まあ、僕自身がそのあと少し引っ掛かっていたんですよね、だって実際にスパイラル仕様で組んだ竿をテストしていないから。

通常のガイド配列のベイトロッドでも自分の使い方では穂先を上方向にしゃくってトゥイッチしても、竿の操作中にラインがガイドに絡むことは無く、ルアー交換時に糸が緩んだ時に絡む程度だったのですが、R君はトップウォータールアーマンでもあるので結構なラインスラックを出してしゃくっているのか、上方向にしゃくるとラインがガイドに乗っかって絡むと言うんですよね。

で...



実は2019年、このスパイラルガイド仕様ベイトロッドのテストをしておりました。

ガイドの抵抗が増す分、わずかに飛距離が減るのですが渓流や川幅が広くない規模の川なら問題のないレベル。
上方向のトゥイッチでラインスラックをかなり出しても穂先のガイドは全部下向きのため絡みません。

※ここで再び誤解のないように補足いたしますと、大多数の方の場合は普通のガイド配列のベイトロッドでもロッドワークの最中にラインがガイドに絡むような事はほとんどなく、たいていの場合、ルアーの交換の際にラインが緩んだ時にガイドに絡むことがあり、これは糸ヨレが原因です。
そういった場合でも、スパイラル設定の配列では穂先のガイドが下を向いているので絡みが解けやすいというのは大きなストレス軽減になるといえます。

右岸左岸問題でどっち方向にひねるかってのは考えないことにして、#2ブランク範囲内でスパイラルを完結させることにしました。
古くからスパイラルガイド仕様の竿は、柔軟な調子の船竿であったり、柔らかいジギングロッド、タイラバ竿などで採用されていますが、目的としては錘や水圧、魚とのファイトでブランクスがねじれることを軽減させることにあるのですが、当トラウトロッドの場合はマルチピースのため、ブランクスがねじれる前にジョイント部分が回りますから、糸がらみの軽減を目的としたものです。
「スパイラルガイドは見た目が...」という声も確かにあるのですが、小口径ガイドのトラウトロッドではあまり気になりません。

キャスティングロッドでも確かティムコさんのエリアトラウト用でもスパイラルガイド仕様のトリックトラウトというベイトロッドが存在していた記憶があります。マルチピースでは無いと思いますが。

ガイドがスパイラルしているため、ジョイント部分の位置合わせは白いマーキングが下方向につけてあるのでこの目印で合わせます。
でもですね、ちょっと大型の魚とのファイトの後は、魚が走った方向にブランクスが回っているため、後で位置を合わせてくださいね。





全体図。ガイドがスパイラルしているのがお判りでしょうか。

差別化を図るためスレッドカラーを変えています。

通常モデルはコパースレッドに赤紫ですが、スパイラルモデルはブラススレッドに青紫です。ゴールドではなく、あえてブラス(真鍮)っぽい色で組んでいます。



モデル名 WSE-c/5 Paranoia

来年の夏リリースを目指して、通常モデルベイトロッドWSE-C/5、スピニングのWSE-S/4 と併せて年明けより予約の受付を開始いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。



ステンレスミニプライヤーのハンドルはいつもはスネークウッドなどの銘木で作られているのですが、ハンドル部分は筒状になっており、なんと!その厚さ約1ミリと極薄...

厚みがどんな感じかわかりやすいようにウッドではなく、写真は樹脂で試作したサンプルです。




職人さんの技術力の高さがうかがえますねΣ(・□・;)

たとえば、「こんなものを作ってもらいたい」などという依頼がありましたら試作は多少割高にはなりますが不可能でなければお受けできると思います。

よろしければご相談ください。
http://www.kaneha.jp/product/252

クレモナネットに美しいグラデーションカラーを追加しました。



画像はスプリングネット尺・スキニーハンドルにβチタンフレームにフレームカバーを取り付けてコンビネーションしました。

軽量で使いやすいのはもちろん、見た目も美しいですね。







こちらはスプリングネット尺スキニー、βチタンフレーム+とっても渋いブルーのダーク系グラデーションカラーに、ハンドルはメープル瘤のスタビライズドウッドのご指定でショップ様よりご依頼いただいたので試作品で組んでみました。



実際にショップ様に納品されるものはこれよりもハンドルの色が濃い茶系のものになります。

フレームカバーもβチタンフレーム用の幅のサイズを仕入れています。
特に、クレモナネットをスプリングフレームに通して使用するときはフレームカバーを装着したほうがクレモナが傷みにくいと思います。

ショップ様よりのオーダーもお待ちしております。



こちら、東京都のお客様よりのオーダー品。

写真では大きさが伝わりづらいですが、内寸46cmとインスタネットより9cm大き目なんです。

グリップは factory-b さんのチタンアングルなので自重も軽~いですよ!

もちろん、折りたたんで収納できるので旅のおともにもいかがでしょうか。
11/14から一週間くらいの間、釣具店さんへの訪問営業などの業務メインとなりますので、その間にいただいたご注文品の発送は20日以降となりますのでご了承くださいませ。



※写真はお友達のイッキ君です。



今週お客様にご注文いただいた花梨瘤紅白ハンドルのスプリングネット尺

スプリングネット尺シリーズご注文の際に「チューブ取り付け希望」と記入していただければ、スプリングネット尺のステンレスフレーム幅5ミリ用のフレームカバーシュリンク熱収縮チューブを只今サービスでお取り付けしております。

シュリンクチューブはフレーム中央から端のほうへ順に、弱火でゆっくり時間をかけて炙りチューブが汗をかく瞬間(溶けるちょっと手前)くらいが一番きれいにくっつく目安ですが、慣れが必要だったりします。1本あたり25分程度かけて作業しています(^^;)

http://www.kaneha.jp/product/164

↑   ↑   ↑ 
スタビライズドウッドのハンドルにもよく合うと思います。是非。


※申し訳ありませんがβチタンフレーム用のチューブは無いので上記サービスは行っておりません。ステンレスのみです。



こちらは、factory-bさんのチタンハンドル+かねは商店のステンレスフレーム仕様のネットにウッドデコレーションパーツはスタビライズドウッドのピンク。ラバーネットはパープル濃淡のグラデーションカラーをオーダーいただきましたお客様にお送りいたしました。

カラフルなパーツを使っているんですが、金属のフレームと相まって上品な見た目に収まっています。
ピンクのスタビライズドウッドは綺麗な発色なので使う場所次第ですごくよくなります。

ウッドデコレーションパーツを付ける事で握りやすさとルックスアップの効果が上がりますので是非。



スネークウッドのハンドル・ステンレスミニプライヤーのホルダー付きタイプは、パラコード編みのタイプと革製の2種類ございます。
ブラス製のカラビナ付きなので吊り下げて使用することも可能です。

このハンドルを作成してくれている職人さんはちょっと特殊な木工技術を持っている作家さんですので、割れやすいといわれるスネークウッドを薄く削ってハンドルを差し込んでいますが、割れやささくれも皆無。私が使用しているプライヤーも経年によるひび割れもありません。

非常に素晴らしい出来栄えです。価格も良いものですがご満足いただける品質ですので機会がございましたら是非。



ナベモジャミニ!をお買い上げいただいたお客様の釣果写真です。
西表島でマングローブフィッシング。
この日は水面への反応がイマイチでしたがナベモジャミニ!に助けられたとの嬉しい一言を添えてお写真いただきました。



ナンヨウチヌやゴマフエダイも。



インリーフやシャローフラットではカスミアジやフエフキの仲間やミーバイなど多種多様なトロピカルフィッシュがバンブルBメタルやプロップスプーンにヒットしてきたとのこと。

いいですね~!




スネークウッドのミニプライヤーのホルダーがパラコード製以外に革製も加わります。


値段は決定しましたらご予約ページを作成しますのでよろしくお願いいたします。


スプリングネット尺ファミリーで最小のアイテムも追加。グリップ長14cmで手のひらすっぽりサイズ。



写真の仕様はβチタンフレームにフックが刺さらない軽量タングルフリーネットのセットで内寸は叉ロで丁度30cm。



重めのスタビライズドウッドでも110gちょい。軽めの木材ならもう少し軽くなります。
ステンレスフレームにした場合は内径が少し大きくなります。
もちろん、ラバーネット仕様も承ります。



この写真だとわかりやすいですが、グリップ形状は渓流魚の尾鰭をモチーフにかたどっています。


縁取りも朱色に染めていますが...
クリアな樹脂でスタビライズすると白っぽいメープルもこのように瘤の部分が茶色になります。




こちらも近いうちにご予約を開始したいと思います。
日本の木シリーズなども是非やりたいですね。
β-Tiランディングネット用ウッドハンドルパーツをお買い上げの場合、こういった備品も念のためお付けしています。



予備のチタンボルト、ねじの緩み止め剤。
緩み止め剤はつけすぎると外したい時に中々外れなくなるため、ほんのごく少量、1~2ミリ立方メートル分くらいを目安に塗布してください。


お次はお客様オーダー品の写真をパチリ。





★かねは商店チューンモデル★チタンハンドル+ステンレスフレーム仕様ラバーネット★に、ピンクのスタビライズドウッドのハンドルパーツの組み合わせにてオーダーいただきましたので、当店で組み立てさせていただきました。

落ち着いた雰囲気のカラーのネットにピンクのハンドル...きっとセンスの良いお客様に違いありませんね。

ピンクのハンドルに赤系のネットの組み合わせも綺麗でしょうね。
色々組み合わせを楽しめるのも良いですね。




渓流は禁漁になってもまだまだ川で遊びたい...という方に手軽に楽しめる釣りのご紹介。
 
近所に小川が流れているようでしたらオイカワやカワムツ、ウグイといったコイ科の小魚が住んでいるかもしれません。

水面を流すドライフライにライズする魚を狙うのもドキドキして面白いですし、のんびりとウェットフライを水面直下に流す釣りも面白いです。どちらの反応が良いか、その時々により違います。

毛ばりを浮かせて釣るドライフライでは経験上、オイカワ狙いの場合、毛ばりを水面に落として約5秒以内に反応が無ければまた打ち返したほうが良いです。
代わってウェットフライでは結構流しっぱなしでもアタリがあります。

夕方、かなり暗くなる時間でも街灯に照らされている場所だと、あたりが完全に暗くなるまでは魚からの反応があるのでついつい遅くまでやってしまうことも...ウェットフライのマーカー付きみたいな感じで、追天の仕掛けをそのままリーダーに結んで使用してもよく釣れますし、アタリも取りやすく、毛ばりがどの辺にあるか確認しやすいですよ。



水面直下でも魚が食う瞬間も見えるし、パシャっと水面に出ることも多く、こちらはルアーでいうところのサブサーフェスといったところでしょうか。下流側で魚をかけたほうが水流も相まって魚の引きを楽しめるのも良い所ですね。

ロッドのご予約を受け付け中ですが、フライラインもウェットフライ用のシューティングシステムや、ドライフライ用
のエアセルDT-1もご用意がございますのでお申し付けください。(いずれも4000円くらいです)




★カッコいい8ブレイドのスーパーグレードPEライン・LC Streamer★

実際の釣りでの感想はライトブルー系カラーは視認性が良く、手触りはつるつるしすぎていなく丁度良い加減でサミングの時にフェザータッチしやすいです。強度もOK!

もっと荒っぽく使うなら4本撚りなんですが、あれは高感度なトルザイトガイド搭載のロッドだとザラザラ音が手元に伝わるのが嫌なんでやっぱり8本撚りが良いですね。

ちと余談ではありますが、色に関しては服装についてもそうなんですが、どこぞの大学の研究によればブルー系は魚に警戒されにくいんだそうです。お空の色と関係あるんでしょうかね?

こんど、タナゴ釣りなどのバーチカルな釣りで竿をライトブルーにカラーリングして試してみたいですね ^ ^
こちら、お客様ご注文分をパチリ!と記念撮影。



β-Tiランディングネットとあわせてウッドハンドルパーツをご注文のお客様には、ご希望に応じてハンドル組立を当店で承りますのでご遠慮なくお申し付けくださいませ。

どんな釣りが好きなんですか?と聞かれたら、僕の場合はやっぱり渓流なのですが中でも特別に好きなのがビッグカディスを用いたドライフライの釣り”なのです。



トップウォータープラグで本州の渓流魚を反応させるのは難しいですが、ドライフライを不自然な動きをさせずに流れに自然と乗せてナチュラルドリフト出来さえすればヤマメやイワナが水面を割ってくれ、その姿を見れるだけでもう最高です。

里川やボサ川といったところでは5月ともなると川岸にイナゴやバッタの類が良く見られるようになってきます。
カディスのフライパターンですが、6番や7番といった大き目のフライフックに巻いたエルクヘアカディスで...


↑    ↑     ↑
これを模しています。普通の16番や14番といったサイズに反応しにくいときに効果的。老眼でも見やすいってのもGood!
餌釣り師の方もバッタが出てくると普通の餌に反応しなくなるのでバッタやイナゴを餌に使う方も少なくないとか。
ボディのダビング材はラムズウールがお気に入り。ダイドイエローのエルクヘアー、おまけにラバーレッグ付きときたら空気抵抗も中々のものでキャストは楽じゃない。でもセンシティブにプレゼンテーションしたいので高番手はなるべくなら使いたくないし、ナチュラルドリフトさせるために長めのリーダーやティペットも使いたい...

マッチザハッチの釣りとは対極にある、とにかく大きい餌を食べたがっているヤル気のある魚を狙ってたたきあがっていくスタイルで使いやすいロッドが欲しかった。
シュートしたらラインがスーッと出ていくような竿じゃないんですが、ピックアップ後すぐ投射、スネークロールでテンポよくとか、ベルジャン(オーバル)キャストもやりやすいし、竿先からフライライン10㎝しか出ていないようなリーダーキャストでもブランクの重量によるしなりで大きいフライを叩きつけずにふわりと運んでくれるロッド...

ジャーン!出来ました。



WESSEX のロッドはグラスとカーボンのコンポジットですが、ルアーロッドのパターンと違い、ブランク内部がグラスチューブラーで外側にカーボンといった具合。
羊の皮を被った狼ならぬカーボンの皮をかぶったグラスロッド。
どんな感じかと聞かれれば、ちょっと違うもののバンブーロッドにも似ているような...いや、違いますね。



曲げるとこんな感じ。かなりしなります。



バット部分で5㍉。かなり細いです。よく曲がりますがふにゃっとはしていません。
6フィート6インチの3番。ロッドアクション優先の3ピースロッドです。



ウッドスペーサーにアップロックのスクリューシートでリールをしっかりと固定。
軽量化を図るならコルクシートにスライドリングなのだと思うのですが、曲がりやすい竿のためこの形にしました。

初夏から秋まで活躍するバッタフライ。来シーズンまでにはこの竿のお披露目が出来るかな?







WESSEX Trout rod WSE-s/4 初回生産分のラスト1本は、アメリカ合衆国カリフォルニア州からのオーダー分でした!

このロッドのグリップは短いのですが、リアグリップの見た目がチンチクリンにならないようにリールシート一体型にしましたので見た感じだけだとそれほど短く見えません。

そこで少し心配なのが...

アメリカの方は手が大きいイメージがあるので、本当に大柄な方だとオモチャみたいに感じてしまうのでは??手のひらにすっぽり隠れてしまうんじゃないかな?と思っていたんですが...

発送連絡をするとすぐにお返事をくださって、この“NEW TOY”が届くのを楽しみに待ってるよ!といってくれたので一安心かな。

Lさん、ありがとうございました!このショートロッドで何を釣るんですか~??写真とか見たいなぁ~。