Fishing & 日記

127

 

夏は暑いと聞いていた北関東ですが40度前後ともなると本当に日中動くのが嫌になってしまいますよね。 そんな中、今回も友人に野営のノウハウの手ほどきを受けながら渓流ハンモック泊を楽しんできました。

 

 

幸いにも足利ベースからは1時間ほどで標高1000m程度の山間部に行けるので避暑をするには良い土地です。 夜は蚊帳付きハンモックに350gダウンの寝袋にエアマットを敷いて薄手のフリース上下で丁度良いくらいでしたが、今回はエアマットをあえて外して肌寒さも堪能してきましたw

 

 

谷川の水でいれたコーヒー、メスティンでの炊き立てご飯も本当に美味い!群馬県産梅干しもおいしかったですね~。 また行きたい!

 

 

 

※余談↓たまには詳しくタックル説明してみます(^▽^)

 

写真はWESSEX WSE-C/5スパイラルモデルにHEFグリップ + ABU1500C + PEラインはLCストリーマー0.8号にフロロカーボンリーダー2号をオルブライトノットで結束しています。

 

 

スプリングネット尺・スキニーの湾曲無しタイプハンドルにβチタンフレーム + ラバーネットはブルー/スモークのグラデーションカラーです。

 

 

ルアーは昨シーズンよりテスト続行しているバンブルBのスローシンカー。 ボディウェイト3gで決まりかな...というトコまで来ています。 ややスローなS字、クイックなワイド横滑りアクションに特化出来ている感じです。

 

「渓流ベイトでスピニングタックルに比べてロッドティップでの操作がやり辛いな~」と感じている方は、リールのハンドルの巻き方、つまりリーリングに緩急をつけてやるとこまかなルアー操作がグッとやりやすくなりますのでお試しください。

リーリングによるルアー操作はベイトタックル、スピニングタッルともに有効です。

 

 

 

フックはマイクロバーブスイベルを装着してテストをしています。 ワンフック仕様のミノーやジグミノーへの相性が良く本当にバレにくいですよ! 用途が限定されるためあまり売れないですが、最近ではワンフックでバランスをとっている渓流ミノーも出てきているので次回生産時にはお試しいただきたいフックです。



WESSEX HEFグリップ特別モデルは数が少なすぎるため今回はメルマガ(年1、2回程度しか配信しませんが💦)のほうでメルマガ会員様に限定してお知らせし、抽選販売にさせていただきました。当選されましたお客様もそうでないお客様もお申込みいただきまして誠にありがとうございました。予告しました通り当選された方のみご連絡いたしました。
メルマガに関しては頻繁に届きすぎるのもうざったいと思うのでたまにしか配信いたしませんが、またスペシャルな情報にかぎり配信したいと思っております。



残り少なくなったブラック&ホワイトエボニーのスポルテッド杢でWESSEX HEFグリップを今回は1本だけ作成しました。

販売方法は多分抽選になると思います。



最近はスキニータイプのハンドルを主に生産していましたが、久しぶりにスプリングネット尺ハンドルのハイブリッド・スタッグモデルと、スタビライズドウッドのハンドルを作成中です。

入荷まで1か月ちょっと掛かりますがご予約も受け付け中ですのでよろしくお願いいたします。



今シーズンテストしているラバーコーティングのメッシュネット。

他の種類のネットと比較して目が細かいのが特徴です。

この、目が細かいというのもやっぱり功罪が在りまして、功のほうは目が細かいから魚の鰭が裂けたりするダメージが少ない。

そして、罪はというと目が細かいがゆえにフライやシングルフックでは絡まないが、我々が渓流で使う市販のルアーに元々付いているトレブルフックの12番や14番、16番といった小さいサイズのトレブルフックは魚がネット内でくねくねした時にネットには刺さらないが、やたらと絡んで解くのが面倒。
水の抵抗はクレモナと同じくらいはありますね。

トレブルフックユーザーにはやはり、シリコンラバーのネットが面倒臭く無くて良いと思います。あと、当店推奨のタングルフリーネットも良いです。

ただし、シングルフックの場合は絡まないし、ネット自体の重量はシリコンラバーと比較すると格段に軽くてラバーコーティングのメッシュネットは良いと思います。

もう少しテストしてみます。

6月15日まで所用のため発送業務は16日からとなります。
ご注文いただいておりますお客様も何卒よろしくお願い申し上げます。



スパイラルガイドモデル NEW! WESSEX WSE-C/5SP
NEW! WEWSSEX WG-HEFグリップ完成。

グリップ材はWESSEXグリップ中最も人気のあるブビンガです。
非常に硬く赤身の強い木で見た感じの雰囲気がまるで良血統のサラブレッドの毛並みの色つやに似ていると思いませんか?
愛すべき駿馬のように貴方の渓流ルアーフィッシングの相棒として活躍してくれると思います。グリップに関しては少し在庫になる予定ですので是非。

ロッドは完売で次回は12月ごろを予定しております。



写真左のヌメ革ネットケース入荷しましたのでよろしくお願いします。

写真右は革製のミノー・チェストボックス。

サンプルはダークグリーンですが実用面からすると経年変化を楽しめるナチュラルカラーがよろしいかと思います。

一個当たり作成するのに結構時間を要しますので、その分価格も結構なものになりそうです。



65㍉までの渓流用ミノーが収納できる仕切りが10小間。1小間あたりミノー2本入れれば必要十分な量です。
ショックリーダーを入れる場所も2個確保してあり...



穴からリーダーを引き出して好きな長さでカットしてください。
中央のクリップはケースがブラブラしないように衣服に挟むためのものです。



ランヤードのように使えるように両サイド2個ずつDカンがついていますのでラインクリッパーなどをつけられます。

必要なものを手早くササっと取り出せるようにしています。
首から下げて使えるので後ろにリュックを背負うことが出来ます。




取り外しできる仕切り板にはマグネットが内蔵されておりフックを固定できます。



首から下げて胸部に取り付ける以外にたすき掛けして後ろに回せるようにストラップの長さも調整可能です。
革製品ですのでそれなりの重みはありますが格好つけるのに重い、軽いもありませんよね。
色付革にて作成も出来ますが、日焼けによる退色は避けられませんし、かりに着衣に対し色移りしたとしても責任を取ることは出来ませんのでご了承ください。

ネーム入れ(アルファベット大小文字)刻印打刻できます。
購入希望の方はお問い合わせ欄よりご連絡ください。お見積りいたします。
かねは商店足利ベースがある両毛エリアも5月下旬になって徐々に日常を取り戻してきた感があります。



こちら、渡良瀬川本流にておそらく成魚放流されたヤマメ。バードアタックの傷跡が痛々しいですが果敢にフライを食ってきてくれました。



こちらも放流個体のようですね。

さすが市街地を流れる本流だけあって明るいうちは中々厳しく、やっぱり夕方になってカワウや鳥たちの帰宅時間である薄暮時を狙っての短時間釣行。お客様よりご注文いただいた商品を発送してから出発します。
飛んでいるのがツバメからコウモリに変わるくらいまで、ほんの短いひと時のお楽しみです。



こちらの個体はカワウが帰路に飛び立ってから3分後にヒットしました。
ヤマメとしてはありきたりなサイズですが随分と立派で美しい尾鰭の持ち主で流れの中で何度も「ググン!ググン!」とヤマメ特有の締め込みを堪能させてもらいました。

今シーズンテストしているフライロッドは♯0で特殊なティップを使用したもの。
フライラインも♯0ですから飛距離に期待はできないものの、ひとたび魚が掛かると結構スリルが味わえる仕様となっていまして、フライ経験値の高い方も楽しめるように進めています。
リーダーも特殊なものでテストしており、ロッド、ライン、リーダーと一貫したシステムを試しているという訳です。
フライフィッシングの経験がない方の一つの壁であるキャスティング。上手にできるに越したことは無いのですが、キャスティングの難しさに挫折しないためにも先ずは毛ばり釣りの楽しさを実感してほしいので、次のようなテーマを掲げて開発しています。
キャスティング性能よりも軽いラインシステムを使用することで初心者の人でも水面を荒らしにくい、魚を繊細に誘いやすい、折れにくい穂先、魚が小さくても十分楽しめる、ウェットフライメインで流して釣りが出来るように考えました。ウェットフライ的な釣り方といえばテンカラで毛ばり釣りを始めるという手もあるのですが、テンカラをやるにつれ、同時にフライタックルの秀逸さに気づかされるようになってきます。ラインを長く伸ばしたり、短くしたり自由自在であること。毛ばりを木に引っ掛けてしまった際も回収しやすいことなど色々有利なことが多いと感じます。
道具のカッコよさというのも大きな理由だったりします(^ ^)

ネットはラバーコーティングされたものでテストしています。
「使いやすい」という感覚は薄いですが、写真のヤマメのような美麗な尾鰭を裂かないように配慮するのには良い選択肢ではないでしょうか。

また進捗がありましたら報告させていただきます。



こちら、スタビライズドウッドハンドル・スプリングネット尺・スキニーのクレモナネット仕様。
ネットのグラデーションとグリップの色合いが良い感じです。

WILD-1西那須野店さんにお送りしました。お近くにいらしたら是非実物をご覧になってくださいませ。



細い紐で出来たメッシュにラバーコーティングを施したネット。

フックが刺さりにくいというだけでなく、一目の大きさ約8㍉ですのでお魚さんの鰭が切れたりしにくくなっております。

かねは商店らしくグラデーションカラーにしてみました。

スプリングネット尺・スキニーハンドルのスタビライズドウッド+βチタンフレームに取り付けた時の重さ約118gと軽量。



今のところ良い感じですね~。

只今、耐久性など諸々テスト中です。

課題をひとつひとつクリアしていきます。
2年前から実践しております、ウェーディングシューズのソールに対して自己流でトッピング(盛っている)やりかたをご案内します。
フェルトソールのままだとすぐにすり減ってしまったり、硬くなってしまったりするとグリップ力が著しく低下してしまうので、僕は次のような処理をしています。
黒いゴム系接着剤+研磨繊維なのでフェルトソールだけとかラバーソールだけの場合よりも滑りにくいと感じています。



こちら、完成状態の写真です。

ホームセンターで売っているもので出来ますので試してみたいという方は(あくまで自己責任で)どうぞ。僕自身もここまでたどり着くのに失敗を繰り返して試行錯誤してきました。




材料と道具。木槌があるといいんですが、無いので100均のゴムハンマー。ヘラは接着剤に付属しているものでもOK

一番最初はウェーディングシューズのソールに直接研磨パッドを貼って試しましたが、グリップは良いが耐久性が全然だめで一日で見るも無残なズタボロ状態。
お次は研磨パッドを細かく粉砕したものをボンドのSUで練りこんでからソールの塗布。これはそこそこ持ちも良く、グリップもバッチリですが、練るのが凄く疲れて作業効率が悪い...最終的には次の要領で落ち着きました。



使う研磨パッドは100番から120番程度の粗目。ホームセンターでさび落とし用などで売られている厚さ1cmくらいのパッドです。一枚分でOK。これを厚み半分くらいに薄く小さくちぎっていきます。

コニシボンド・ウルトラ多用途SUのブラックをソール面積3分の1ずつ分けて塗布しながら薄くちぎった研磨パッドを切り絵の要領で貼り付けていく。




使い捨ての手袋はたくさんあったほうが手や色んな場所を汚さずに済みます。



貼り終わったら、半乾きになるまで少し待ってからハンマーでたたき、接地面の空気を抜いて密着させていきます。叩くときにT字型に組んだ材木を靴に入れると叩きやすいのですが、無い場合はコロコロでも可。




貼った上から再びボンドを塗布して、焼き鳥用の竹串で刺しながら接着剤を繊維にしみ込ませていきます。





全面に塗布、しみこませた状態。

この後、しばらく時間をおいて、手で触ってもボンドがくっつかなくなったら再度ハンマーでソール全体を叩いて接地面の空気を抜きながら密着させていきます。



一足分作るには120mlのチューブ2本使いきります。
昨年はコニシボンドのSUブラックのみでのテストでしたが今年は片方がロックタイトでもう片方をコニシSUで耐久性を比較します。

コニシSUは硬化してもゴムみたいな弾性が続きますがロックタイトは硬化するとドライになります。フロッグルアーのチューニングに使うパンドーっぽい感じですね。

ちなみにコニシのSUや、セメダインスーパーXはラバーネットが切れた時の補修にも使えるスグレモノです。

見た目が溶岩やゴジラの肌みたいなので勝手にゴジラソールと名付けました。

さらにグリップをよくするためにアルミ製スタッズを取り付けた状態。



このアルミ製スタッズはホームセンターでは入手できないのでよろしければ当サイトで購入してください。
https://www.kaneha.jp/product/267

スタッズは1袋25本入り。僕は写真のように片足11本取り付けています。
保持力の高い接着剤とスタッズのセットもございます。

GODZILLAソール部分がすり減ってきたら再び盛ってくださいね。



スプリングネット尺・シャム柿ハンドル・ステンレスフレームのフレームカバー付き・パープルグラデーションラバーネット仕様

こちらのネットは宮城県白石市フィッシャーマン釣具館さんのオーダー品です。

バランスの取れたカッコよさですね。



以前からスプリングネット尺のハンドルにはシャム柿は使用していたのですが、このところ何故か人気の銘木になったのか価格が上昇傾向にあります。

独特な幾何学模様のような見た目と丈夫さが人気の秘密なのでしょうね。
軽い材料ではないのですが丈夫なため、以前のスプリングネット尺よりも厚みが5ミリほど薄くできるようになりましたので従来品よりも軽量化に成功。
よろしければご予約承りますのでいかがでしょうか。



スプリングネット尺・スキニー + パープルグラデーションラバーネット + 高反発ステンレスフレームのセットでオーダーいただきました。
ブラックのフレームカバーがつくとグッと引き締まって見えますね。

プロップスプーンやバンブルBメタルを一緒にオーダーいただきました。
誠にありがとうございます!
2019年はWESSEXトラウトロッドのスピニングロッド WSE-S/4 を発売し、ベイトロッドの WSE-C/5 も生産5回目となりましたが、いずれも年内で完売となりました。
お買い上げくださいましたお客様には最大の感謝とともにこれからも末永くお付き合いくださいますようお願いいたします。

話は変わりまして、いつだったかベイトロッドのWSE-C/5を愛用してくれているR君から、「スパイラルガイド仕様が欲しい」と言われたことがありまして、正直あまり驚きも無く「お!来たな...」という感覚だったのも、WSE-C/5の初期テストモデルを作る時にウチの匿名テスターさんHDとの話でスパイラルガイドをテストするか否かの話になった時に、川だと右岸に立つか左岸に立つか、はたまた上流にキャストするか下流にキャストするかでガイドをスパイラルさせるべき方向が違ってくるのではないか?という共通意見のもと、最初のモデルは通常配列のガイド設定で行こうよという事になった。実際にマルチピースのロッドの場合は各ブランクスパーツを少しずつジョイント部分をひねることでスパイラルっぽい使い方も出来るし、ちょっと引きの強い魚とファイトした後は勝手にブランクスが回転してスパイラル仕様みたいになっているのである...

なので、R君に対しても、「WSE-C/5はマルチピースだから、各ブランクを少しずつひねるとスパイラルっぽい使い方出来るよ~!」といったら、R君も「あ~、なるほど...」といって納得したと言っていたのですが、まあ、僕自身がそのあと少し引っ掛かっていたんですよね、だって実際にスパイラル仕様で組んだ竿をテストしていないから。

通常のガイド配列のベイトロッドでも自分の使い方では穂先を上方向にしゃくってトゥイッチしても、竿の操作中にラインがガイドに絡むことは無く、ルアー交換時に糸が緩んだ時に絡む程度だったのですが、R君はトップウォータールアーマンでもあるので結構なラインスラックを出してしゃくっているのか、上方向にしゃくるとラインがガイドに乗っかって絡むと言うんですよね。

で...



実は2019年、このスパイラルガイド仕様ベイトロッドのテストをしておりました。

ガイドの抵抗が増す分、わずかに飛距離が減るのですが渓流や川幅が広くない規模の川なら問題のないレベル。
上方向のトゥイッチでラインスラックをかなり出しても穂先のガイドは全部下向きのため絡みません。

※ここで再び誤解のないように補足いたしますと、大多数の方の場合は普通のガイド配列のベイトロッドでもロッドワークの最中にラインがガイドに絡むような事はほとんどなく、たいていの場合、ルアーの交換の際にラインが緩んだ時にガイドに絡むことがあり、これは糸ヨレが原因です。
そういった場合でも、スパイラル設定の配列では穂先のガイドが下を向いているので絡みが解けやすいというのは大きなストレス軽減になるといえます。

右岸左岸問題でどっち方向にひねるかってのは考えないことにして、#2ブランク範囲内でスパイラルを完結させることにしました。
古くからスパイラルガイド仕様の竿は、柔軟な調子の船竿であったり、柔らかいジギングロッド、タイラバ竿などで採用されていますが、目的としては錘や水圧、魚とのファイトでブランクスがねじれることを軽減させることにあるのですが、当トラウトロッドの場合はマルチピースのため、ブランクスがねじれる前にジョイント部分が回りますから、糸がらみの軽減を目的としたものです。
「スパイラルガイドは見た目が...」という声も確かにあるのですが、小口径ガイドのトラウトロッドではあまり気になりません。

キャスティングロッドでも確かティムコさんのエリアトラウト用でもスパイラルガイド仕様のトリックトラウトというベイトロッドが存在していた記憶があります。マルチピースでは無いと思いますが。

ガイドがスパイラルしているため、ジョイント部分の位置合わせは白いマーキングが下方向につけてあるのでこの目印で合わせます。
でもですね、ちょっと大型の魚とのファイトの後は、魚が走った方向にブランクスが回っているため、後で位置を合わせてくださいね。





全体図。ガイドがスパイラルしているのがお判りでしょうか。

差別化を図るためスレッドカラーを変えています。

通常モデルはコパースレッドに赤紫ですが、スパイラルモデルはブラススレッドに青紫です。ゴールドではなく、あえてブラス(真鍮)っぽい色で組んでいます。



モデル名 WSE-c/5 Paranoia

来年の夏リリースを目指して、通常モデルベイトロッドWSE-C/5、スピニングのWSE-S/4 と併せて年明けより予約の受付を開始いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。



ステンレスミニプライヤーのハンドルはいつもはスネークウッドなどの銘木で作られているのですが、ハンドル部分は筒状になっており、なんと!その厚さ約1ミリと極薄...

厚みがどんな感じかわかりやすいようにウッドではなく、写真は樹脂で試作したサンプルです。




職人さんの技術力の高さがうかがえますねΣ(・□・;)

たとえば、「こんなものを作ってもらいたい」などという依頼がありましたら試作は多少割高にはなりますが不可能でなければお受けできると思います。

よろしければご相談ください。
http://www.kaneha.jp/product/252

クレモナネットに美しいグラデーションカラーを追加しました。



画像はスプリングネット尺・スキニーハンドルにβチタンフレームにフレームカバーを取り付けてコンビネーションしました。

軽量で使いやすいのはもちろん、見た目も美しいですね。







こちらはスプリングネット尺スキニー、βチタンフレーム+とっても渋いブルーのダーク系グラデーションカラーに、ハンドルはメープル瘤のスタビライズドウッドのご指定でショップ様よりご依頼いただいたので試作品で組んでみました。



実際にショップ様に納品されるものはこれよりもハンドルの色が濃い茶系のものになります。

フレームカバーもβチタンフレーム用の幅のサイズを仕入れています。
特に、クレモナネットをスプリングフレームに通して使用するときはフレームカバーを装着したほうがクレモナが傷みにくいと思います。

ショップ様よりのオーダーもお待ちしております。



こちら、東京都のお客様よりのオーダー品。

写真では大きさが伝わりづらいですが、内寸46cmとインスタネットより9cm大き目なんです。

グリップは factory-b さんのチタンアングルなので自重も軽~いですよ!

もちろん、折りたたんで収納できるので旅のおともにもいかがでしょうか。