★ヒメマスのおかっぱり釣りにプラス★BUG HUT ミノーキャロシンカー・タングステン2g★

★ヒメマスのおかっぱり釣りにプラス★BUG HUT ミノーキャロシンカー・タングステン2g★

販売価格: 300円(税別)

在庫数 40点
数量:
★ヒメマスのおかっぱり釣りにプラス★BUG HUT ミノーキャロシンカー・タングステン2g★のご案内です。一袋2個入り



このシンカーについてご説明する前に、まず産卵を控えたトラウトの行動や性質、着場についてお話する必要があります。

秋のヒメマスを例にお話しを進めますが、産卵に適した場所というのは川で産卵する鮭と似ていると考えてもらってよいと思います。
ヒメマスの場合は湖なのですが、川底に産卵する鮭と同様、湖底から新鮮な水が湧き出て、卵に絶えず綺麗な水を送り続けられる場所が適しているといえます。
ですので、湧き水があり、小石と砂が混在している場所が魚たちに人気の場所。居るところにはたくさんいるが、いない所にはまったくいないという事になります。
産卵に好都合な場所では、しばし場所の取り合いによる追い払いの行動が見られ、追い払ってはまた元の場所に戻る行動が見て取れます。

ポイントとして一番わかりやすいのが流れ込みで魚も多くみられ、いつも釣り人でにぎわっていますが、流れ込んでいるその場所から少し離れたところでも、地中にしみ込んだ水が再度湧き出しているところも在るので注意して見つけましょう。

また、一見してわかる大きな流れ込みでなくても湖岸道路の山側を注意深く見ていると水が流れているところも在るのでその付近の湖岸に降りてチェックしてみてください。

ポイントの見つけ方の判断が付くようになっても釣り方が合っていないと同じポイントでも人には釣れて自分には釣れないという事が多くあるのもこの種の釣りの特徴でもあります。

釣れていない人の多くが「湖底すなわちボトムキープ」出来ていないことによる要因が大きいのです。
良く沈むルアーを使っていてもルアーを着底させた後、普通に巻いてしまうとラインの表面張力により、ルアーが湖底をはなれ、宙層に浮き上がってしまい魚の関心を引くことが出来なくなってしまいます。

産卵床を狙うのは同族の魚ばかりではなく、卵を食べるために忍び寄る小魚たちも対象となります。湖底によくみられるヌマチチブなどのハゼ類もそうです。「湖底をヒョコヒョコと忍び寄ってくる煩わしい相手を駆逐する行動をとらなくてはいけない」というのが太古からの習慣ですりこまれているのではないか!と思うくらい、その手の動きには瞬時に反応してきます。

魚種は違いますが、春のブラックバスの産卵シーズンにもスプリットショットやキャロライナリグのグラブのズル引きで良く釣れる経験があります。卵を守りたいのはどの魚でも同じでしょう。

ヘビーシンキングのルアーでも、巻くだけではボディ内にオモリが内蔵されている以上、浮き上がりやすくなり、浮かさないために竿先をシェイクしながらラインの表面張力を断つ作業が必要です。これが即ちミドスト(ミッドストローリング)というレンジキープのテクニックなのですが、難しいと感じたならば迷わす外部ウエイトを付ける事をお勧めします!

ルアーの前10cm〜20cmほどの場所にシンカーを付けると驚くほどボトムキープしてくれます。また、シンカーが小石に当たり動きがルアーに伝わるため、ただ巻でもアクションしてくれます。アクションさせるときも、ロッドワークさせずともリールを巻くリズムでもアクション付け可能。

シンカーを付ける場合はヘビーシンキングのプラグよりも、スローシンキングやサスペンドタイプのほうが湖底でダンスするように良い動きをしてくれます。
また、リップ付きミノーに比べ、リップレスミノーはさらにレンジキープが難しいため慣れが必要ですがスライドアクションも得意なため、常備しておきたいルアーですがシンカーを付けるとレンジキープしやすくなります。

このシンカーは2gですが、タングステンのため沈みもよく、鉛よりも感度が良いので、ボトムのゴツゴツなのか魚のアタリなのかわかりやすいです。

シンカーの太くなった部分をルアー側に向けたほうがすり抜けが良くなります。

是非お試しください!!



★ヒメマスのおかっぱり釣りにプラス★BUG HUT ミノーキャロシンカー・タングステン2g★

販売価格: 300円(税別)

在庫数 40点
数量: